アメリカでライダー復活!いくつになってもカッ飛びマミ-でございます!
ZX-6R& R1で雨にも負けず全天候型通勤&峠&サーキット、期間限定でブログ再開してます。


プロフィール

ベルボトム

Author:ベルボトム
バイク歴20年近くになる、高校の時、バイクで停学になっても乗り続けたバイクキチ。
3度の飯よりバイクで愛読書はバリバリマシーンだった。
峠での事故後、レーサーになるならスポンサーしてくれるという申し出があったが、今度は死ぬぞ!との親の猛反対でレーサーにはならず、身のふりを考えるため日本一周の旅に出る。(レーサーレプリカで)
以前はHONDAファン、NSR250R SP. VFR400R, RVF,そして最後にCBR750R!その後アメリカで結婚、出産、そして男カワサキに乗るが2014 R1も仲間入り。

通勤&峠用 戦闘機 06 ZX-6R(636);フルパワーMOD.
, K&Nエアフィルター、ブレーキパッド(レーシング)、フレームスライダー、リアシングルシートカバー、GPR ステビライザー、ツ-ブラザースレーシングマフラー.GPスタイル(逆シフト)、VORTEXスプロケット&RKゴールドチエーン(レーシングコンバージョンKit)。 

2014 ヤマハR1も仲間入りでZXは引退間近。

北海道出身、カリフォルニア在住! アメリカ人の夫、おませな11歳の娘、11歳の猫、5歳の息子暴れん坊将軍、2歳の犬と暮らす。身長170センチ、食欲旺盛、ジャンクフード大好き。自分でもいやなくらいスピード狂だけど他人が運転するものやジェットコースターは怖い・

職業/航空機の部品販売業界でまじめに働くマミー。

膝すり大好き、峠大好き、コーナー大好き!
直線嫌い!バイクいじりだーいすき!

毎日、毎日片道42キロ、往復84キロを愛車、爆音NINJA 06 ZX-6R&2014 R1で元気に雨の日も風の日もかっとび出勤!

コメント大歓迎!日本が恋しいベルボトムは皆さんのコメントが楽しみです!まってま~す!
日本人の友達大歓迎!

リンクご自由にどうぞ。

下をクリックしてちょ!ランキングに参加しています!よろしくお願いします!
にほんブログ村 バイクブログへ

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ


Please Click Here


にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村

ランキングはこちらをクリック!

ブログランキング【ブロブロ】

BlogPeople「趣味の世界」ブログランキング

あしあと残してね、あとで訪問しまーす。。


写真の無断転載禁止です!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



あし@



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タトウ、刺青事情、芸術だっ!
んちゃ!

息子プリンス、風邪でダウン。
おうちでゴロゴロでーす。

さて、タトウ(刺青大好きなベルっちですが)今年は4つ目のタトウを入れたいと思っているのだけど、実は夢がある。
日本人なのに日本で伝統柄彫り物は入れたことがない自分。

いつか世界で有名な日本の彫り士さんにいつか本物日本のモチーフを彫ってもらいたい。

専門学校でデザインを学んでいたとき、卒業制作には浮世絵を題材に
したものを出品したくらいなのだ、日本らしい絵が好き。


やはり刺青といえば、ここはアメリカなのでタトウという400年以上の歴史のある日本なんだよね。それは世界のタトウファンからいうと最高な日本の彫り士さんの彫り物それは高級ブランドみたいなもの。

初めて入れるときはかなり勉強した。
一生物だし後悔しても消せないものだからかなり長く、いろんな作品を見たりSHOPのWEBめぐりなどした。
どのアーテイストも個性的な作品をもち、芸大や専門学校などで絵は学んでいる。

ただし、観光地などの旅行者相手の店で適当なものを入れるのはおすすめしない。
絵心もないへたくそなものを彫られるよ。
ほんとうのアーテイストは修行してきている、日本なら弟子入りして勉強してきているよね。

鯉のタトウを入れてくれたChrisというアーテイスト(アメリカでは刺青はアート、芸術なので彫り士ではなくアーテイストと呼ぶ)彼にいろいろ日本で有名なセンセイ達の話を聞いた。
聞かれてもしらなかった自分は恥ずかしい。

Chrisも日本のTATOOのイベントに行きこのセンセイに彫ってもらおうとしたが、予約ではんぱじゃない待ちで、飛込みでは彫ってもらえず断念したそうだ。

わざわざ日本に通って彫りにいく外国人には驚く。

アメリカにいるからアメリカ人のアーテイストにしか彫ってもらっていないけど。
日本の刺青の歴史は知るとまたおもしろい。

アメリカでは番組で日本での刺青事情や歴史など放送されている。
どうしてアメリカではアート、ファッションで会社員、医者、看護婦、先生、軍、警察、消防士など一般人にあるのに、タトウの伝統日本では公衆浴場やプールはだめなのか?など違いを取材している


日本ではアメリカのオールドスクールタイプのタトウが流行っているとか。



ここにでてくるセンセイと呼ばれる人が、ほりよし3代目さんなのだ。

アメリカだと日本の伝統といわれるクラッシックタイプがオールドスクール。全然イメージは違う

日本だとどういうことで彫り物するのかわからないけど。
アメリカではよく子供が産まれたとき。
家族や、ペットを亡くした人は思い出とともに写真や名前などデザインして入れている。
人生の転機、願掛け、お守り。

あたしは母や祖父母の故人への思いをデザインを自分でしたもの、Chrisにデザインしてもらったものなど入れている。
それはいつも故人と一緒にいるような感覚なのだ。

それぞれ思いやデザインの意味などは各自違っている。
花、月、太陽、動物など各モチーフでいろんな意味があるのだ。
思いつきで入れた人はあとあと後悔するようだ。


こちら失敗タトウ集!笑えます。



母の7回忌で帰ったときに庭に母の大好きな花があった。
そんな花など見て母さんを思い出しているうちに。
次回は何かその花をデザインしてもらって入れようと思うのだ。

しかし全身はごめんだよ(笑)

タトウはそれぞれ思い、デザインも個人で違うので個性的で、自分にとってはアートで。
やはり気に入った作品はめちゃくちゃ惚れてしまう。

ただ日本人である以上、いつか日本の彫り士さんに日本ならではものを彫ってもらいたいと思うのだ。
それはアメリカ人のアート、日本のアートはやはり同じモチーフでも全然違う印象になるからだ。




なんかやはりアメリカの伝統的柄は!ポップな感じだ。

2-10 tt

2-10 oldr

タトウアートの世界もなかなか奥が深く面白いのだよ。日本のみんなには理解できない世界なんだろうなあーまあー趣味の世界だからね。

ポチッとよろしくお願いしまあーす。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

Please Click Here











スポンサーサイト

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

タトウの考え方が日本とそっちでは全然違うよね。

最近こっちもミュージシャンとかがタトウしてて、簡単にカッコイイとか恋人の名前を入れてしまう人がいる。

簡単に消せないのにね!若い恋人同士なんか別れたらどうすんだろう(笑)

いつか、日本の彫り士さんに刺青入れてもらえるといいね♪

【2013/02/10 13:59】 URL | ぶらり #- [ 編集]


自分はタトゥーの絵好きですよ:-)

なぜか、鯉、金魚にひかれるんだよね~

あ、今の愛機を入れる検討したことありますか?

【2013/02/10 14:37】 URL | T636 #- [ 編集]


日本では、まだタトゥーをしてる人を
白い目で見る人が大半だ。
昔に比べれば、若者がファッション感覚で
入れてる人が増えたけど、それでも日本の刺青は不評?
どちらかと言うと、アメリカ的タトゥーが
受け入れられています。うちの息子は
ほぼ、全身和物を入れてしまったので
さすがに、私はショックを隠せなかった_| ̄|○
刺青イコール悪い人って思う日本で生きていくには
それなりの覚悟がないとね(汗)

【2013/02/10 15:27】 URL | チョロ #xmQgren. [ 編集]


確かに受ける印象は全然違いますね。
日本でのタトゥは遊びってイメージですが、刺青は拘束する物ってイメージです。

色はPC40なのでヴィクロリーレッドしかなかったです。

【2013/02/10 15:41】 URL | 道化師 #moXHPncw [ 編集]


刺青って奥が深いんですね。。
自分は興味無かったけど、
釧路合宿時やベルさんの記事みてて
見方が変わりましたね♪

アートって言うのがわかる気がします。
あ~とビックリ、刺青‥入れずにいられない(・・;)
ザブ‥こりゃムリだわ。。

【2013/02/11 03:41】 URL | カチカチ山 #- [ 編集]


このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2013/02/11 03:53】 | # [ 編集]


アメリカのタトゥの概念を読んでイメージが変わりました。(もともとそれほど偏見はありませんが)

家族の絆や人生の転機ですか!?まるで人生の年輪みたいで生き方そのものがアートなんだな~と感心しました。

プリンス様の風邪、早く治るといいですね。

【2013/02/11 08:29】 URL | とも #- [ 編集]


ぶらりさん
アメリカでもとから手直しして違う柄にしちゃう人が多い。
恋人の名前や元おくさんの顔写真や名前のタトウは分かれたあと。
かなりトラブルになるらしいよ。
絶対だめだね。

文字は飽きるからやめろといわれているけど。
やっぱり一生墓場まで背負うのもだから
特別な思い入れがないと、後悔するだろうなあ。
いつか背中に牛若丸とかサムライ系入れたいな。
高そうだな。。日本は。

T636さん
鯉は出世、金魚は金運など意味がいろいろあるから
おもしろいよ。
本当は龍もすきなのだけど、風水的に神秘の生き物を
背負うにはいけないらしいので入れてないよ。
あとそれぞれ入れた生き物の愛称もあるので組み合わせも気をつけないとならないの。
なかなかおくが深いけど、アメリカ人はそういうのは気にしないみたい(笑)
もちろん愛機のタトウはほしいけど。
これはね、そうとうバイクをうまく描くアーテイストじゃないと
頼めないよね。
バイクって難しいし。
失敗作なら一生後悔するし。

チョロっち
アメリカ人やベル夫に日本へいくと温泉はだめとかプールNGなど
ぜんぜん言ってもわかってもらえないんだよ。
どうしてタトウはだめなのか、アメリカ人には理解できないの。
だいいち世界で有名な彫り士がいて、伝統的な柄をもつ日本ならでは。
なのになんでタトウは差別されるのか?
外国人にはわからないみたい。
確かに、日本へ行くとき。
成田で娘がアメリカ人だから外国人の通関列にならぶんだけど。
かなりの外国人はそでからタトウでている。
でも日本人の列を見ると誰もタトウはいない。
日本でかなり変な目でみられて。アタシ何かした?
状態も味わったから。
タトウあると日本で生活はたいへんだね。
アメリカで働きなさい!息子さん。

道化師さん
全然とらわれ方が違うのはしょうがないですね。
その点、アメリカは全然誰もタトウあっても気にもしないですね。
ピアスなんかと同じ、ファッションなので。
根本的に違うんでしょうね。
文化の違いかな。
はじめてアメリカにきてレントゲン技師の腕や歯科医のうでのタトウに驚きましたわ(笑)

カチカチ山さん
わはは、少しレアなものなのでなかなか日本人で
理解できる人は少ないのでうれしいな。
親子で入れてるのもおおいし、一番驚いたのは。
子供のプールでの誕生会。。ほとんどの子供の親にはタトウありますね。
日本人なら、あっなに?ギャング集団?
と思うでしょうが、普通の会社員の親ばかりですよ。
見せ合いになるのが楽しいです(笑)
アーテイストの腕しだい、彫りも柄もなので本当に慎重に
選ばないと後悔しちゃいます。

カギコメさんー
いいなあー実はあたしもその柄かんがえたこと
あったんですよ。
でもスカルと組み合わせは難しいかな?
とか思ったり、でもかわいいから欲しいなあ。
ご利益あるといいですね。
今度写真みせて。

ともさん
なかなか日本にいると理解できないものですよね。
ほんと全然違うので、たぶんアメリカのSHOPへいくと
おどろくかもですね。
いろんな観念で入れている人がほとんどですね。
ギャングタトウとはやはり違うので受け入れられやすいです。
ポリスや消防士の腕にもよくありますよ。
仕事中に死んだ同僚の名前とともに入れる人も多いです。
80過ぎの爺ちゃんの腕にある、しわしわのサーフインしているミッキーマウスみたとき。
おじいちゃん、若い時はサーファーだったんだろうなーってその人の人生の少しを
見た感じがしました。
そのとうり、年輪、見ず知らずのその人の過去が少し見えますよお。

戦争いったことのある爺さんは、よく戦闘機柄や金髪の女性の
タトウがはいってますよ(笑)


でも日本では、見方がかわることはないんでしょうね。
彫り士さんがよく日本やアメリカで個展ひらいています。
デッサン画などなんですけど、本当にすばらしい作品(アート)なので
見てみると楽しいかもです。



【2013/02/11 11:55】 URL | ベルボトム #- [ 編集]


カギコメさんー
いいなあー実はあたしもその柄かんがえたこと
あったんですよ。
でもスカルと組み合わせは難しいかな?
とか思ったり、でもかわいいから欲しいなあ。
ご利益あるといいですね。
今度写真みせて。

ともさん
なかなか日本にいると理解できないものですよね。
ほんと全然違うので、たぶんアメリカのSHOPへいくと
おどろくかもですね。
いろんな観念で入れている人がほとんどですね。
ギャングタトウとはやはり違うので受け入れられやすいです。
ポリスや消防士の腕にもよくありますよ。
仕事中に死んだ同僚の名前とともに入れる人も多いです。
80過ぎの爺ちゃんの腕にある、しわしわのサーフインしているミッキーマウスみたとき。
おじいちゃん、若い時はサーファーだったんだろうなーってその人の人生の少しを
見た感じがしました。
そのとうり、年輪、見ず知らずのその人の過去が少し見えますよお。

戦争いったことのある爺さんは、よく戦闘機柄や金髪の女性の
タトウがはいってますよ(笑)


でも日本では、見方がかわることはないんでしょうね。
彫り士さんがよく日本やアメリカで個展ひらいています。,デッサン画などなんですけど、本当にすばらしい作品(アート)なので
見てみると楽しいかもです。



【2013/02/11 11:56】 URL | ベルボトム #- [ 編集]


女性のパワー溢れるブログで
とても楽しく読ませてもらっています

北村かずあきって言う日本人彫師さんがサンノゼに住んでるって聞いたことがあります 彫ともって名で通ってるみたいですね
:)

【2013/09/23 22:46】 URL | #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。